マウスピースを使ったホームホワイトニング

MENU

まずは口の中のチェックを行おう

歯のホワイトニング

 

毎日磨いていても、歯は少しずつ着色していきますので、色の悪さで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

自己流のケアだけでは理想の白さを得られないという人はホワイトニング治療を行うクリニックに相談してみることがおすすめです。

 

ホワイトニングはクリニックで行う方法もありますが、より気軽に行うのであればホームホワイトニングがおすすめです。この場合は、まずは口の中をチェックし、虫歯がないかどうかも確認します。悪いところが見つかった場合は治療を行っておきましょう。

 

さらにクリーニングで余計な汚れや歯石なども落としておき、型を取ってそれぞれにぴったりなマウスピースを作成していきます。

 

マウスピースは毎日のお手入れに必要となりますので、作成できたら痛いところがないかなども確認します。

 

そしてマウスピースがぴったりのものができたら、クリニックが使い方を説明してくれますので、正しい使い方をしっかり理解しておきましょう。

正しい時間装着することが大事です

マウスピースが手に入ったら、毎日その中にホワイトニング用の薬剤を入れ、それを装着し、理想の白さを目指していきます。
着用するだけなので、特に難しいものではありませんが、このときに着用している時間が短すぎると良い効果を得ることができませんので、一日の使用時間もきちんと守りましょう。

 

矯正用のトレーを装着している間は飲食ができませんので、食事を済ませてから行うことがおすすめです。そしてトレーの装着の際は口の中を清潔にしておくことも大事ですので、ブラッシングなどで余計な汚れは取り除いておきましょう。

 

準備ができたら、マウスピースに薬剤を入れ装着しますが、この時に早く効果を出したいからと多くの薬剤を入れることは避けましょう。装着したときに薬剤があふれてしまった場合はティッシュなどでふき取っておきます。

 

最大で2時間程度装着することができますが、理想の白さを得るには毎日続けることが大事です。

トレーもきれいにしておきましょう

装着時間が終わったら、ホワイトニング用のトレーを取り外すこととなりますが、その後はしっかり水洗いしておきましょう。お湯を使うと変形してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

そして、薬剤をつけっぱなしにすることは良くありませんので、ホームホワイトニングが終わったとは歯磨きを行い、薬剤をきちんと落としておきましょう。装着後は飲
食ができませんが、取り外したあとも30分程度は飲食ができませんので、すぐに食べないよう注意しましょう。

 

毎日装着するなどやや手間はかかりますが、回数を重ねていくことで理想の白さを得ることができ、後戻りがしにくいというのもメリットです。

 

ホワイトニングの効果を最大にするために、着色しやすい飲食物を避けることも大事です。

 

基本的に自宅で進めていくことができる治療方法ですが、歯に痛みやシミができていないかを確認するためにも定期的にクリニックに訪れましょう。